2006年08月03日

「しあわせ脳」に育てよう!  − 黒川 伊保子 − vol.34

■一言で!
  しあわせ脳を持つ人は、「頭もいいけど、それ以上に運がいい人」と
 いわれる人たちだ。
  
  子供をそんな「しあわせな天才脳」に育てることができたら・・・

  この本は、しあわせ脳を育てるための育児書。



■僕の感心
  いいねぇ しあわせ脳

  人口脳の研究家の黒川さんが、「生きた脳」(つまり子供ね)を手に
 入れたことから、しあわせ脳を育てる子育てに挑戦。

  いい脳とは、下の3つの力と知識工場が、どれもよく働いている脳のこと。

   無意識のうちに作動する「感じる力」 
   意識的に働かせる「考える力」    
   無意識と意識をつなぐ「直観力」   

  さて、脳育ての基本は、

   4歳から12歳までの「早寝、早起き、朝ごはん、読書」

  です。とっても単純ですね。

  これを脳育ての「金のルール」といいます。
  難しいことはできなくて、これだけを守って子育てをしても、結構な
 しあわせ脳を持つ子供になりそうです。
  
  その他にも、年齢別の「銀のルール」もたくさんあって、
 子育てをしている人には楽しく読める。
  
  15歳の誕生日が来たら、脳は、一応完成体。それまでの間は、
 楽しみながらしあわせ脳に育ててあげたいね。

 
 …★おまけ しあわせ脳を持っていそうな人

   僕の知っている人でも、しあわせ脳をもっていそうな人はいる。

   Webookの「松山しんのすけ」さんなんかはその代表的な人。
   しあわせ脳を持っている人のそばにいると、それだけで自分も
  しあわせな感じになるので不思議。

   まわりにいるしあわせ脳の持ち主を探してみよう。


■こんな人にお勧めです!

 ・15歳未満の子供がいる人
 ・子供をしあわせ脳の持ち主にしたい人
 ・自分がしあわせ脳をもっていると思う人(両親に感謝)

読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1064376

子育て・育児の悩み相談119番
Excerpt: 子育て・育児の悩み相談119番〜デリケートな子育て・育児の悩みを解決する為の情報を提供します。〜
Weblog: 子育て・育児の悩み相談119番
Tracked: 2006-09-30 05:41