2006年08月23日

北の動物園できいた12のお話 旭山動物園物語 − 浜 なつ子 − vol.37

■一言で!
  旭山動物園の動物とそこで働く人たちの12のお話。

  小学生高学年くらいの子供向けに書かれた本だけど、大人が読んでも
 十分楽しめる。

  園長をはじめとして、動物園で働く全ての人が、「動物にとって、
 なにが一番いいのか」を考えた結果が、今の旭山動物園。

  本当に素敵な動物園です。この本を読んでから、ぜひ一度訪ねてください。



北の動物園できいた12のお話 旭山動物園物語
浜 なつ子
角川学芸出版 (2005/12/01)

■僕の感心
  僕がそうだなぁと思ったのは、園長の小菅さんの言葉です。

   「森を出たことが、ヒトの心に傷を作ったと思うな」 
 
  そう、僕たちは、「森を捨てたヒト」
  だから、自然に入った瞬間や虫や鳥や動物たちとつながった時に
 なぜか「ほっと」する。
  
  僕たちは、森を捨てて、周りの動物をみんな敵にしてしまったから、
 「クマさん 遊ぼ」と言っても、できない。
  動物園のいちばん大切な役割は、来た人に、にこにこ笑ってもらって、
 心の傷がほんの少し癒されること。
  
  いま都会には、ほとんど自然がない。この動物園を訪ねて、
 すこし不便になってもいいから、自然が戻るようことを考えてくれる
 子供たちが増えると、この国ももっと住みやすい国になるのになぁ。

 
 …★おまけ 念願かなって行って来ました!

   この本と『「旭山動物園」革命』の2冊を読んで、
  僕は旭山動物園に行きたいという思いが、どうしても抑えられずに、
  今年の夏に行ってきた。

   ペンギンもみました。ホッキョクグマもアザラシもみました。
   そして、多くの飼育係さんもみました。
   もぐもぐタイムという動物にエサを与える時間があるのですが、
  その時の飼育係さんの説明が、とても楽しい。



■こんな人にお勧めです!

 ・旭山動物園に行こうと思ってる人
 ・動物とのつながりを考えてみたい人
 ・森に帰りたいヒト

読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1177183

北海道 旭山動物園のご紹介です。
Excerpt: 旭山動物園に行ってきました!実際行ってみて人気の理由がわかりました。だって面白いんですもの。あざらし館に入るとすぐに見えるのが、「マリンウェイ(円柱水槽)」と大水槽です。これらは水路でつながっており、..
Weblog: 暮らし・生活@田舎暮らしでインターネット
Tracked: 2007-03-19 17:43