2006年09月05日

ヤフー・ジャパンはなぜトップを走り続けるのか − 吉村 克己 − vol.45

■一言で!
  No1サイト ヤフー・ジャパンの創業からの10年を、井上社長や40名を
 超える関係者へのインビューでつづった本書。
  
  なぜNo1になれたのか、そしてなぜNo1のままなのかという秘密は、
 ヤフー・ジャパンがそれらの「人」によって作られたサイトだから。

  ヤフー・ジャパンがトップになれた理由がよくわかった。



ヤフー・ジャパンはなぜトップを走り続けるのか
吉村 克己
ソフトバンククリエイティブ (2006/07/20)

■僕の感心
   ヤフー・ジャパンがやったことは、大多数の人がどうやったら、
  インターネットを使えるようになるかを真剣に考え、それを実現する
  ためのサービスを実践していったこと。

   この本を読むまでは、潤沢な資金に裏づけされ、成功したのかと
  思っていましたが、それは少し違いました。

   サービスを担当する社員が、みんな熱い思いで、そのサービスを
  どうしたらユーザのみなさんに使っていただけるかを妥協をしないで、
  考えに抜いている

   こうした取り組みには、ITサービスであるかどうかは関係なく、
  仕事のやり方としても、とても参考になる。

   ただ、こうした創業期の10年ひたすら走ってきたメンバーに加え、
  大きくなってからのヤフー・ジャパンに加わったメンバーには、
  あきらかな温度差がありそう。

   今後5年のヤフー・ジャパンの動向は要チェックです

 
 …★おまけ 「嫌われない哲学」

   ヤフー・ジャパンには「1%ルール」というのがあるそう。
   これは、誰も使っていないようなブラウザでも、シェアが1%以上
  あるうちは、サポートを打ち切らないというもの。

   この辺にも、ヤフー・ジャパンのすごさがある。
   ここまでできるというのは、正直ちょっと悔しいね。



■こんな人にお勧めです!

 ・10年のヤフー・ジャパンの歴史に興味のある人
 ・ヤフー・ジャパンをライバルだと思っている人
 ・常にお客様のことを考えて仕事をしたい人

読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1224288