2006年09月07日

給食の味はなぜ懐かしいのか? − 山下 柚実 − vol.47

■一言で!
  給食と聞くと、たいていの人はいくつかの思い出が思いだされて、
 ああ懐かしい・・と思う。

  この「懐かしさ」とは、いったいなんなのか?

  味覚、嗅覚、触覚、聴覚、視覚という感覚をつかった直接的な
 体験が懐かしいと思わせる大元のようです。




■僕の感心
  この本は、感覚器官のサイエンス本。

   味覚:給食の味はなぜ懐かしいのか?
   嗅覚:ニオイでつながる恋人たち
   触覚:「痛いの痛いの飛んでいけ!」の正体
   聴覚:掃除機から「快音」が聞こえる?
   視覚:「脳」が見ていた

  どれも気になる感覚ですが、僕が一番気になるのは、聴覚。
  聴覚は、比較的簡単にその脳力を伸ばすことができる。
   
  やり方は簡単。5分間だまって、音を聴くことに集中します。
  どんな音が聞こえますか?

  エアコンの音、パソコンの音、車の音、自動販売機の音・・・
 など、普段はあまり聴こえなかった音がたくさんあることに
 気がつくはず。

  カクテルパーティ効果なんて呼ばれるように、僕たちは
 知らない内に「聴きたい音」だけを選択して聴いている。

  自分の周りの世界にどんな音があるか、ちょっと聴いてみよう。

 
 …★おまけ 静岡科学館「る・く・る」に行ってみたい

   この本の中で紹介されている「る・く・る」は、身体と五感を
  通して、ものごとを理解していく科学館
   http://www.rukuru.jp/

   「おどろきスライダー」は、平坦なところを動くのに、ジェット
  コースターに乗っているような感覚が味わえる。
   「さっかくスクリーン」は、浮遊感覚と突然視界から人が消えたり
  するそうです。

   いいね! ぜひ近いうちに行ってみよう。



■こんな人にお勧めです!

 ・給食の懐かしさの秘密を知りたい人
 ・感じることの不思議に挑戦してみたい人
 ・五感をめいっぱい楽しみたい人

読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1232238