2006年09月28日

球場のビールはなぜ800円でも売れるのか − 馬渡 晃 − vol.58

■一言で!
  タイトルに惹かれて読んだのですが、会社経営の本でした。
  会社を成長させるために、社長がすべきことが、わかりやすく書いて
 ある。

  社長じゃない人(僕も)は、自分を自分株式会社の社長だと思って、
 読んでみると、結構な〜るほど!と思うことも多いかも。




■僕の感心
  いいね この考え!と思ったのは、

   「成長とは「バランスを崩す」こと」というもの

  僕もよく言っているのですが、カッチリと安定した状態のように思える
 時は、実はあんまり安定していなくて、ちょっとゆれている状態くらいの
 時のほうが、安定しているし、次へのステップアップがしやすいと思っている。

  この本で言う、「バランスを崩す」というのは、例えば一人でビジネスを
 やっていて、順調に利益が出ていて、小さなながらも安定している。そこに、
 従業員を一人雇う。雇ったからといって、すぐに売り上げが倍になるわけでは
 ないので、ここでビジネスのバランスが崩れる。そして、このバランスを
 安定させるために、売り上げを伸ばす努力をし、成長するというわけ。

  いいねぇ 自らちょっとバランスを崩してみるという冒険。

  なんのバランスから崩してみるか、ちょっと考えてみよっと


 …★おまけ しかし800円のビールはちょっと高い

   以前東京ドームに行ったとき、800円ビールをたくさん飲みました(^^;

   僕は、サッポロビールが好きなのですが、売っている子が少なくて、
  探すのがなかなか大変。アサヒやキリンが多かったような・・・

   それでも、5杯は飲んだかな? 
   財布から1000円札がどんどん消えていく・・・



■こんな人にお勧めです!

 ・会社を成長させたい人
 ・800円のビールをつい買ってしまう人
 ・ちょっとゆらいでるかなぁと思っている人

読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1340623