2006年10月12日

うそつきの進化論 − デイヴィッド・リヴィングストン スミス − vol.64

■一言で!
  「だれでも10分間に3回は、自覚のないままにうそをついている」と
 言われたら、ちょっとびっくりしますよね

  逆に言うと、ちょっとしたうそがないと、コミュニケーションは成り立たないと
 いうことだと思う。

  相手をだます、自分もだます。そんな不思議な心の動きをちょっと
 みてみました。



うそつきの進化論−無意識にだまそうとする心
デイヴィッド・リヴィングストン スミス David Livingstone Smith 三宅 真砂子
日本放送出版協会

■僕の感心
  別にうそをつきたいわけではないけど、ちょっとしたうそはだれでも
 日常的についている。

  例えば、「今日の夕食どうだった?」という奥さんの問いかけに、

 「味はよかったけど、盛り付け方にもっと工夫ができたんじゃないの?
  ご飯がちょっとやわらかったね ・・・・・」

  なんて、言っていたら、ケンカになるのは必須。(そうじゃない奥さんも
 世の中にはいるかもしれないけど)

  やっぱりここは、 「おいしかったよ ありがとう」と言っておくのが、
 正解でしょう(^^; でも、これもちょっとだけ、自分に対してうそをついて
 いるということ。

  良い(?)うそは、上手に使いたいものです。


 …★おまけ ライアー ライアー

   ジム・キャリーが主演の「ライアー ライアー」は、
  「1日だけうそをつけなくなった」の弁護士のお話。

   ジム・キャリー主演なので、もちろん最高に笑える、そしてちょっと
  考えさせられるような映画だった(と記憶している・・・)

   10/12にデラックス・エディションのDVDがでるみたいですね。
   しかも格安 アマゾンで882円 =>
ライアー ライアー デラックス・エディション
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/10/12)




■こんな人にお勧めです!

 ・だまそうとする心の仕組みを知りたい人
 ・楽しいうそをつくのが上手な人
 ・まったくうそのつけない人

読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1440643

おもいっきり、笑っちゃい ましたぁー^^
Excerpt: それは、1997年製作、ジム・キャリー主演映画 「 ライアー ライアー 」 #突然、得意なはずの 「嘘」 が  つけなくなってしまった一流弁護士の悪戦苦闘ぶりを描くコメディ。
Weblog: 道草(みちくさ)
Tracked: 2006-10-13 09:04