2006年10月25日

文系のための「Web2.0」入門 − 小川 浩 − vol.70

■一言で!
  これだけWeb2.0だと言われると、いまさらよく知らないとは、
 言えないよなぁ と思っている人も大丈夫。

  Webの歴史から、今起こっていることまでを、わかりやすく
 解説してくれるので、知っている人も、整理のために読んでみるもの
 いいかもしれない。



文系のための「Web2.0」入門
小川 浩
青春出版社

■僕の感心
  Web2.0という言葉が出てきたのは、2004年の終わり頃。
  IT関係者の中で、使われだしたのは、2005年の秋くらいから。

  一般的に使われるようになったのは、去年の終わりか今年の
 始めくらいから でしょうかね。
  ブログ、SNSとかが普通に通じるようになったり、googleがちょっと
 神がかってきたのもその頃。

  メールやホームページ(この言い方もかなり古い)は、以前から
 あったけど、誰でも使えるようになってきたのは、Windows95の登場
 以降のこと。

  そう考えるとあっという間ですね。
  たった10年でこんなにネットが身近になるとは、1990年代には
 ちょっと想像がつきませんでした。

  Web3.0も近いんでしょうか
  この本では10年はかからないと言っていますが・・・

  今、「Web3.0」で検索すると、200万以上がヒットします。


 …★おまけ 専門家でも読み方に迷う単語がたくさん

   「Ajax」「マッシュアップ」「フィード」など、ちょっと
  慣れない人には、すらすら読めないIT単語。
   IT関係者でも、読み方に迷うことが多いんです。

   「LINUX」は今では「リナックス」と誰でも読めますが、
  出た頃は、「リヌークス」「ライナックス」なんて呼んでいた人が
  たくさんいました。
  
   まっ どれがホントに正しいとも言い切れず、言ってる人が
  多い言い方が定着するのかな?



■こんな人にお勧めです!

 ・文系だけどネットに興味がある人
 ・Web2.0をおさらいしたい人
 ・Web3.0をMOSOしたい人

読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1534982