2006年06月02日

 君も社長になろう。  − 吉田雅紀 −

■一言で
サラリーマンなら誰でも一度は「起業して社長になってみようかな」と思ったことがあるはず。実際にやった人はすくないと思いますが・・・
「楽しくてやりがいのあることを仕事にできたら」ということをちょっとライトに考えてみたくなります。

君も社長になろう。 楽しんで儲ける! 起業という生き方
吉田 雅紀
大和書房 (2005/03/19)
売り上げランキング: 41,112

■僕の感心
この本の中で、はじめに「おっ!」と思った言葉は、「スキメシ」!

 スキメシ : スキなことでメシを食う

 いいねぇ スキメシ。 でも、ここが一番大事!
 本書では、「ご飯を食べるため」の起業では絶対ダメだ。ご飯を食べることが目的なら、サラリーマンをやっていたほうがずっと確実です。とのこと。やりたいことがあってこその起業だからね。

 突然ですが、ここでひとつ問題
  会社と自分の関係を2つの「丸」で表してみてください。
  ひとつは自分、ひとつは会社です

 この問題については後ほど触れるとして、起業はスキなことを持っていないとできないわけですから、やっぱり夢があるといい。
 
 しかし夢を持っている人はいいですが、もっていない人はどうするの?というと
  1.夢がないなら、お金をためておこう
  2.夢がないなら、旅行に行っておこう
  3.夢がないなら、夢のある人の近くにいよう
  4.夢がないなら、勉強をしておこう
  5.夢がないなら、友達をたくさんつくっておこう

 これならとりあえずひとつぐらい出来そうですね。

 さて、先ほどの自分と会社の「丸」の関係はどうでしたか?
特に分析結果があるわけではありませんが、4つくらいに分けられると思います。

  A:二つの丸が、まったく交わらない
  B:二つの丸が、一部重なっている
  C:二つの丸が、同じ大きさで重なっている
  D:ひとつの大きな丸の中に、小さな丸が入っている

 Cの人は、自分と仕事がぴったりでやる気も十分という感じがするので、起業しなくても夢が実現できているHappyなケースかもしれませんね

■こんな人にお勧めです!

 ・スキメシをしたい人、夢がある人
 ・近いうちに社長になってやろうと思っている人
 ・自分と会社の関係が、C以外だった人
読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/801706