2006年06月15日

    クリティカル・ワーカーの仕事力 − 赤堀広幸 −

■一言で!
クリティカル・ワーカーとは、前例のない仕事に挑戦し、自ら新しい価値を創造する突出した個人のことを言います。
自分の能力をフルに使えるような仕事のやり方は「100人に1人くらいしかできない」とこの本では言っていますが、その1人になるための具体的なノウハウを提示してくれます。

クリティカル・ワーカーの仕事力
赤堀 広幸
ダイヤモンド社 (2005/09/01)
売り上げランキング: 1,108

■僕の感心
 「24時間働けますか?」なんてCMが普通に受け入れられていた90年代。長時間働くことで、その先には生活の安定や幸せがあると誰もが信じていた。

 でも、バブルがはじけて長時間働くことの意味は薄れ、求められるのは自ら新しい付加価値を創造できる人になっている。そこがむずかしい・・

 その「自ら新しい付加価値を創造できる人」が「クリティカル・ワーカー」です。

 クリティカル・ワーカーは、天才にしかなれない存在ではなく、自分の仕事への取り組み姿勢とブレークスルー思考に依存すると本書では言っています。
 うれしいねー。とはいえ、全員ができるはないようで向き不向きもあるとも言っていますが、まずは挑戦、挑戦。

 この本で示されているクリティカル・ワーカーになるための具体的なノウハウは、
  1.目標をもつ
    ・問題を放置しない
    ・目標を設定する
  2.頭を使う
    ・先に理想を考える
    ・「なぜなぜ思考」で考える
    ・ブレークスルーの方法論を見出す
  3.人を巻き込む
    ・他社を巻き込む
    ・シナリオを共有する
  4.成果を出す
    ・リーダーシップを発揮する
    ・成果を共有する
 と、なっている。

 正直ちょっと難しそう・・。

 でも、「ゴールから逆算するプロセス」など、すぐに実践できそうなノウハウもたくさんあるので、できるとことからやっていけば、クリティカル・ワーカーに近づけそうだ。

■こんな人にお勧めです!

・能力を持て余していると思っている
・仕事ができるようになりたいと思っている
・ワークスアプリケーションズの急成長の秘密に興味がある
読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/849756