2006年06月30日

  Google誕生 − デビッド ヴァイス − vol.16

■一言で!
  ググる。きっとこのメルマガを読んでいる人も、毎日ググってると思います。
  この検索エンジンgoogleが生まれたのは、ブリンとペイジこの2人の天才が
 出会ったからです。
  470ページもある本ですが、面白さに一気に数時間で読んでしまいました。
  
  googleは、誕生した時からgoogleだったんだなぁと改めて思い、
 このサービスに勝てるサービスは生まれるのか?生まれるならどんな人から
 生まれてくるのかと想像してみたくなる本です。

Google誕生 ガレージで生まれたサーチ・モンスター
デビッド ヴァイス マーク マルシード 田村 理香
イースト・プレス (2006/05/31)

■僕の感心
  ウェブにあるものを全て自分のコンピューターにダウンロードしたい。
  そんなクレイジーな思い付きからgoogleは、始まっています。しかも、
 それをするには、たったの1週間しかかからないと思いますよ・・・

  そういって、その思い付きを実現させてしまったんですが、その時ペイジは
 こんなことを言っています。

   「こうしようと決めた目標に向かう時は、ちょっとくらいまぬけじゃなくちゃ
   いけないのさ」

  でも、彼らはほんとにほんとうに一生懸命やっている。
  休日も働き通し、1日に何時間も働いて、すごい努力をしてgoogleを
 作ったのがよーくわかりました。
  単に天才なだけじゃなく、努力もすごい。

  googleがストックオプション付きのシェフを募集したエピソードが、
 載っていますが、「ストックオプション付きのシェフ」っていうところが、
 いかにもgoogleらしい。もちろん募集は、サイトの広告でおこなった。

   「料理長 − グーグルは腹ペコだ!!」

  こんな広告で、採用されたシェフのチャーリー。グーグル社のカフェは、
 チャーリーズ・プレイスと呼ばれ、社の名所になった。
  いいねぇ シェフまで、ほんとにgoogleの一員だ

  googleが格好いいわけがなんとなくわかった気がします。
  
 
 …★おまけ ちょっとしつこく、それでもgoogleだけがなぜ使われるのか?

   これは簡単です。
   googleの検索エンジンが、製品(サービス)として、すぐれているから
  ということに尽きます。

   そこが、他のネットサービスが利用されている理由と全然違うわけです。

   でも、検索以外のサービスは、実はそれほどのことがないと思っている
  ユーザも多くいるのも事実。
   googleMapは確かに面白いけど、地図としてみると、他の地図サービスよりも
  使われているのだろうか?(未調査なので、僕の勝手な憶測です)



■こんな人にお勧めです!

 ・googleを毎日使っている人
 ・クールな仕事をしたいと思っている人
 ・ブリンとペイジの素顔を見てみたい人
読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/919148