2006年07月06日

  せかいいちうつくしいぼくの村 − 小林 豊 − vol.20

■一言で!
  すもも、さくら、なし、ピスタチオ。
  はる。 パグマンの村は、はなでいっぱいになります。

  この美しい村パグマン。この絵本の舞台は、アフガニスタン。
  でもパグマンの村は、戦争で爆撃をうけ、もう今はありません。

せかいいちうつくしいぼくの村
小林 豊
ポプラ社 (1995/12)
売り上げランキング: 26,583

■僕の感心
  主人公のヤモは、お父さんと初めて街に行きます。市場で、すももや
 さくらんぼうを売るためです。

  春は花でいっぱい。夏はくだものの甘い香り。こんな素敵な村でヤモは
 家族と暮らしています。
  でも、いつもくだものを売りに行くにいさんは、兵隊になって戦いに
 行っているので、小さなヤモがとうさんのお手伝い。
   
  小さなヤモは、なかなか大きな声で「パグマンのさくらんぼうはいかが」と
 いうことが、できませんが、やっと全部売ることができました。
  そんなヤモを、おとうさんは、にこにこ笑ってほめてくれます

  ヤモは市場で、ちいさなきれいな白いヤギを買ってもらいました。
  バハールと名づけました。「はる」という意味です。春にはにいさんが
 戦争から帰ってくるはず。

  でも、その年の冬、村は戦争で破壊され、今はもうありません。

  みんなの願いは、戦争から非難した人たちが帰ってきて、以前のように
 せかいいちうつくしい村になること。 
 

 …★おまけ 子供たちにも伝えたい

   小さな子供にはわからないかもしれないけど、戦争の痛々しさを
  この絵本を読んで聞かせたいと思いました。

   アフガニスタンの現状を伝える報道はたくさんありますが、この絵本は、
  ヤモ(子供)の目からみて書かれているので、子供といっしょに読んでも
  わかってくれるところが多い絵本です。



■こんな人にお勧めです!

 ・全ての大人の人
 ・戦争の恐ろしさをちゃんと考えてみたい人
 ・子供といっしょに考えてみたい人

読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/938333