2006年07月13日

  ジョニー君のレモネード屋台 − ジェフ・M・ブラウン − vol.25

■一言で!
  ビジネスっていったいなんだろう?
  「ビジネスは、子供が遊ぶことができるゲームだ」とこの本では紹介。

  レモネード屋台を例にして、14歳以下の子供がビジネスについて、
 学ぶことができるビジネス入門書です。

  副題として「13歳から学ぶビジネスの仕組み」と書いてありますが、
 大人が読んでも勉強になる本。


ジョニー君のレモネード屋台
ジェフ・M・ブラウン 草鹿 佐恵子
バジリコ (2006/06/16)

  以前に、「レモンをお金に変える法」という絵本を読んだことがありますが、
 これは簡単に読めるので小学生低学年でも読める。
  それに比べて、ジョニー君のほうは、もうちょっとむずかしくて、ビジネスを
 理解し、経験するという内容になっている。

  ビジネスというと、すぐに会社を経営する的な発想になりがちですが、
 この本には、いろいろなスキルがでてくる。
  自分にあったビジネスをやればいいということ。

   レモネードを作るのが好きなら、・・・・・・・・・・設計・製造
   お客さんと話して商品を買ってもらうのがすきなら、・販売
   屋台の広告を考えるのが好きなら、・・・・・・・・・宣伝
   お金を取り扱うのが好きなら、・・・・・・・・・・・会計
   ビジネスを取り仕切るのが好きなら、・・・・・・・・経営
   などなど

  僕が、ぜひ自分の会社に採用したいと思ったのが、

   「ワクワク担当副社長」

  いいねぇ ビジネスを必ず楽しいものにすることに責任をもつ副社長
  こんな役職の人がいる会社は、きっと大成功するに違いない。
  
  ほかにも、

   クチコミをひろげよう
   警備を万全にしよう
   環境に気を配ろう
  
  など、考えてることは、大人の会社顔負けです。

  この本を読んで、勉強して欲しい経営者は、たくさんいるかもしれません。
 

 …★おまけ じゃ、実際に子供とビジネスをしてみるか

   レモネード屋台を立てなくても、地域のバザーやフリーマーケットなどで
  子供がビジネスをするチャンスは、いくらでもありそう。

   夏休みの宿題は、工作や感想文じゃなくて、実際にビジネスをやって、
  どうやって成功したのか(失敗かもね)をまとめてみるのも楽しそう。



■こんな人にお勧めです!

 ・ビジネスについて、もう一回勉強してみたい人
 ・レモネードが好きな人
 ・13歳の子供にビジネスをやらせてみたい人

読んだ感想などなんでもお気軽に
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/962276

子供に見せたい絵本
Excerpt: 子供に見せたい絵本〜子供達にきちんと読ませてあげたい絵本を厳選してご紹介します。〜
Weblog: 子供に見せたい絵本
Tracked: 2006-09-16 17:11